田舎といえば

お盆になると都会の人たちは連休ということで様々なところへ遊びに行きます。しかし田舎のお盆というと都会の人たちとは違って行事の一部なので、遊びに行くということがなかなか出来ず大変なのです。

まずはこれはどこの人でもそうでしょうが、お墓参りに行きます。自宅の仏壇や玄関前にもお供えをしたりして、お盆独特の料理を朝昼晩とお供えしたりします。

要はなにやらとやることが多くて忙しいのです。だからお盆に出かけるというのはなかなか難しいですね。

そして一番思うのが、田舎ではお盆には海に入りません。ご先祖様は海から戻ってきて海から帰っていくという風習があり、お盆に海に入ると海難事故にあうとされています。

今ではお盆になると海水浴場となっている地元には大勢の人で賑わいますが決して地元民は入っていないでしょう。プールに行きます。

というわけで田舎のお盆は大変なのです。また正月も色々とあるのですけどね。

昔の人の教えを今でも守っている人が田舎には多いのですね。でもそれもいいところもあるのかもしれませんね。穏やかなお盆を迎えたいですね。